餅つき大会でおおはしゃぎ

11月の23日に開催された、そのべる子ども食堂「餅つき大会」 たくさんの参加ありがとうございました。

当日は天気が非常によく、急遽、外にテーブルと椅子、そして杵と臼を持ち出して、秋空の下での開催となりました。

11月23日は勤労感謝の日、そして、新嘗祭(にいなめさい)の日ということで、毎年、新米の収穫を祝います。

それならば、というわけ今回はとてもいいもち米を用意しました。


南丹市園部産。合鴨農法で育てた、自然栽培のお米、その名も「こばたけのお米」です!

そして、その横にある塊は・・・。

これまた園部で捕れたイノシシの肉。そう牡丹肉です!今年はイノシシは脂が乗ってとてもいい状態だとのこと。普段使わない食材に私もワクワクです。

差し入れでいただいた日吉町の里芋と、ごぼう、人参などをいれて、味噌煮込みにしてみました!!

小学生のこども達が、みんなでお餅をついて、つきたてのお餅を中学生の子たちがどんどん丸めていきます。

出来上がった頃には、ずいぶんと人数も増えていました。外でついていたので、めずらしさに集まってきた子たちも何人かいました。

一番人気は「ぜんざい」。子どもたちは思い思いに、きな粉、砂糖醤油、大根おろしをつけてお腹いっぱいに頬張っていました。

普段、野菜を食べないという小さな子どもも、野菜たっぷりのイノシシ肉の味噌汁を2回もおかわりして、お母さんが喜んでいたのが印象的でした。

次回は、12月24日の午後12時半からクリスマスランチを行います。子ども10円、大人300円です。ぜひ、ご参加ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました